食欲が止まらないのは何故?

食欲抑制剤についてまとめてみた

食欲が止まらないのは何故?

食欲が止まらない

ダイエットを行っている人にとって「空腹」をすぐに感じてしまうというのはかなり大きな天敵となりえますね。
しかしいつも不思議に思う方も少なくないのではないでしょうか。
どうしてここまで食欲が止まらないのでしょうか。
今日はこのメカニズムを少し復習してみましょう。

お腹が減るのは常に「胃の中が空っぽ」だからというのは結論から言うとあまり正確なことではありません。
もちろん胃の中に何もないと交感神経というものが働いていて、接触中枢を刺激しますね。
そうすることによってお腹がすくのは確かなことです。

しかし原因はそれだけではないのです。
他の食欲が止まらない原因としては「血糖値」が低下していることが挙げられます。
つまり簡単に言えばエネルギーが不足しているのです。
この状態だと常に脳が血中の糖分を補給するために何かを食べさせようとするわけです。
とても興味深いことですね。

また「五感」から受ける影響も決して無視することができません。
つまり匂いとか目から入ってくる情報で脳が混乱し、お腹が減っていないのに何かを食べたくなるということは多分にあるということなのです。

ぜひこのようなメカニズムに関しては色んな可能性がありますから色々調べてみるのはいかがでしょうか。
特にこれからダイエットをしようと思っている時には重要になる情報ですので参考にしてみてください。

また自分でも色々調べてみてそれでも原因が分からなかったり、肥満が止まらないような状況では早めに病院に行くことも大事です。
最近では、ダイエットを医学的にサポートする専門外来も増えてきているのです。
ですからより自分の体質や体に何があっているのか調べ、それに応じた活動をすることができるに違いありません。
ぜひ試してみることにしましょう。